事故物件を買取してもらうには?初心者がおさえておきたいポイントをわかりやすく解説

このサイトは、一般的な市場では売却が難しいといわれている事故物件について、初心者が抑えておくべきポイントについて分かりやすく解説しています。
このような不動産を所有すると、多くの人々がそのまま維持しなければならないのではあいか、このように考えがちですが、不動産会社の中には特殊な物件を取扱っているなど得意領域にしている会社もあるので、このような会社に依頼すれば買取して貰えます。
このとき、可能な限り早く売るポイントや依頼先は実績を持つ会社を選ぶなど幅広く触れることにしましょう。

事故物件を買取してもらうには?初心者がおさえておきたいポイントをわかりやすく解説

相続などで事故物件を所有すると、仲介業者に依頼しても売ることができないなど悩みを抱えてしまう人も多いといえます。
不動産会社の中には事故物件や再建築不可など特殊な物件を買取しているところもあるので、このような会社を探せば売却の可能性が高くなります。
初心者などの場合も、探し方のコツや売却先の選定などを把握しておけば事故物件の売却が可能になりますし、複数の会社に対して見積りをお願いすれば高値で買取してくれるところが見つかります。

事故物件の買取相場は事故の種類によって変わる

事故物件という言葉は、近年非常に浸透しつつあります。
何らかの「心理的瑕疵」を持つ物件のことを事故物件と言いますが、実はこの「心理的瑕疵」の種類によって、物件の相場は左右されるのです。
比較的起こりがちと考えられる孤独死や自然死の場合、価格は相場の10%から20%下がると言われています。
さらに自殺となると20~30%、そして殺人などの事件性を帯びたものは30~50%価格が下がるのが相場と考えられているのです。
事故物件の種類によって、価格の下落幅は大きく異なります。
どの事故物件であっても、一般人が簡単に物件を売却することは難しいことでしょう。
加えて、告知義務も発生しますからどのような事故があったのかを事前に買主に伝える義務もあるのです。
このような時は、事故のある物件を取り扱った実績のある不動産や、専門業者に売却の依頼をすることをおすすめします。
物件そのものに魅力があれば、買主の心次第では交渉出来るケースも多いのです。

事故物件を買取する際の告知義務とは?

事故物件とは、事故や事件などがその物件で発生し「心理的瑕疵」を持つ物件のことです。
事故や他殺、自殺や孤独死などさまざまな案件が「心理的瑕疵」に含まれます。
そして国土交通省は事故物件を売却する際に、買主に対し「告知義務」が発生することをガイドラインで表しました。
これまでは曖昧だった「心理的瑕疵」の連絡が、本格的に義務化される動きとなったのです。
たとえば、家での自然死はある意味避けられないものと言えます。
ですが、発見が遅く損傷が酷かった場合などは、買主に伝えねばなりません。
事故物件の告知を怠った場合、売主は大きな損害を被る可能性があります。
すでに買主が報告を怠った売主に対して損害賠償請求を行い、それが認められる判決が現れました。
だからこそ、事故物件の取り扱いの際には告知がこれまで以上に大切なポイントとなります。
少なくとも事故の発生した「時期」、そして「場所」は必ず相手に伝えることを忘れずに売却することが大切です。

事故物件を高く売るためのコツは欠陥を改善しておくこと

事故物件をできる限り高めに売却するコツとなるのは、欠陥を改善することです。
そのためにはハウスクリーニングやリフォームを行い、適切に改善を行うことといえます。
予算に余裕があるなら両方を行い、きれいにしたうえで売却をすることで、納得できる形で売却を実行できるようになるでしょう。
ハウスクリーニング業者は事故物件に関して熟知しているところもあるため、事前に確認をしてから利用することがトラブル回避のコツとなります。
安心して依頼できる業者を見つけるためには、信頼性の高い所を見つけることです。
クリーニング業者の中には物件で亡くなった人が出たなどの状況であっても受け付けるなど、明言しているわけではないけれどそれとなくにおわせているところも少なくありません。
ホームページをチェックすることで依頼して良い所かどうかを把握することが可能です。
リフォームに関しても同様といえます。
物件を改築するときに事前に情報をある程度伝えて依頼できるところかどうか、確認してから相談することが良い結果につながる可能性の高い方法です。

事故物件には2つの売却方法がある

事故物件を売却するときの方法は、2つ存在しています。
1つは仲介業者を利用して売ることです。
仲介業者へ依頼して購入希望者と仲介業者を交えて話し合い、購入をしてもらうことになります。
この方法の場合は仲介業者に購入希望者と話し合ってもらうこともできるため、直接話し合わなくて済むことを選択したい人向けです。
ただしデメリットとなるのは、価格を下げても売れない可能性があることといえます。
もう1つは事故物件専門の買取業者へ依頼することです。
専門の買取業者の場合には、相談したらすぐに査定を行い、納得いく金額であればすぐに契約を締結して売却することができます。
スピーディーで現金化をスムーズに済ませたい人にピッタリです。
なお多少割安な価格で売却しなければならなくなるため、損切りを覚悟のうえで売却をしたいと考えている人には最適といえます。
どちらを選択するのかはオーナー次第ですが、できるだけ損をしないやり方を調べて申し込むことが必要です。

事故物件に関する情報サイト
事故物件売却のポイント

このサイトは、一般的な市場では売却が難しいといわれている事故物件について、初心者が抑えておくべきポイントについて分かりやすく解説しています。このような不動産を所有すると、多くの人々がそのまま維持しなければならないのではあいか、このように考えがちですが、不動産会社の中には特殊な物件を取扱っているなど得意領域にしている会社もあるので、このような会社に依頼すれば買取して貰えます。このとき、可能な限り早く売るポイントや依頼先は実績を持つ会社を選ぶなど幅広く触れることにしましょう。

Search